FC2ブログ

自分用イラスト本が完成しました!

10月4日の時点で、届いたイラスト本についての事を「明日」書くとかいってたのに、
何故かそこから6日も飛んでるロブです。
連休挟むとだめね。色々と飛んじゃう。


さて、そんな訳で若干遅くなりましたが
自分用に作ったイラスト本が完成&届きました!




A4・B5比較





……なんだか、大きさの違う本が2冊ありますね。

実は、大きいサイズ(A4)の本は「プリントパック」さんのところの一冊97円キャンペーンで作ってもらい、
もう一つの小さいサイズ(B5)は、「ピクシブファクトリー」さんの一冊無料キャンペーンで作ってもらったものなのです。
こういうキャンペーンって凄いですよね。
ピクシブファクトリーさんは過去にも何回かこのような無料キャンペーンをしていて、
前々回にも一冊、モノクロのマンガをまとめた本を作ったのですが今回は完全フルカラー。
豪華です。

今回は折角なので、その辺りの比較も含めて記事を書いていこうと思います。
とりあえず、何枚か写真をば。


表紙、裏表紙


26,27ページ


もくじ


こちらはいずれも、プリントパックさんにて印刷してもらったものです。
折角安い値段で作ってもらえるので、プラン内にあった
「コート110kg」「マットコート110kg」「マットコート90kg」という、
3種類の紙でそれぞれ同じものをそれぞれ作成。
そして110kg紙では40Pまでしか作れないのですが、
「90kg」紙なら最大64Pまでページ数を増やすことが出来るらしいので、
「マットコート90kg」紙で64Pというバージョンを一冊作ってみました。


……なんだか90kgとか110kgとか数字が一杯ですね。
要は、紙の厚さのことで90kgより110kgの方が分厚くなります。
また、コート紙とマットコート紙は語感で大体わかると思いますが、
光沢が強い紙か、光沢があまりない紙の違いです。
また、同じkgならコート紙よりマットコート紙の方が厚みがあるという特徴があります。


さて、それではようやく本そのものの説明に入ります。
中綴じというホッチキスで中央を止めるという製本方法しか選択できなかったので、
ちょっとだけパンフレットぽい見た目にも感じますが、
薄めなコート紙は兎も角、マットコート紙はそこまでパンフ感はありませんでした。
64Pのは特に「本!」という感じがします。

また見開き一杯に広げることが出来る&A4サイズなので、
ページ一杯まで印刷されたページの迫力がもう凄い!
RGBモードからCYMKモードという、
オリジナルより少し色がくすんだデータで入稿しなくてはならないのですが
あまり気にならない位に印刷も綺麗で、
細部までしっかりと再現されていました。
表紙も含めて同じ紙なのが不満点ですが、キャンペーンなので贅沢言わない。
かなり豪華なイラスト集が出来ました!

表紙サンプル
※こちらはPC上で作った3Dイメージ。
上の実物と比べても、さしたる違いも無くていいですね。



そして、もう一冊。
ピクシブファクトリーさんで作ったB5サイズのイラスト集です。
今回のキャンペーンでは紙の種類がある程度カスタマイズ出来るらしいので、
表紙は「アートポスト180kg」に「マット加工」、
本文は「モンテルキア81.5kg」を選んでみました。
調べたところ、モンテルキアはマットコートよりも光沢が無く優しい紙で
更に重さの割りに厚みがマットコート110kgよりもあるらしいので
フルカラーのイラスト集にはこちらがイメージに合っているなという事で選択しました。
コートとマットコートは、A4サイズの方で十分確認済みですしね。

こちらはナント、76ページという贅沢なページ数。
無線とじなので普通の本との違いも無く、B5という持ちやすいサイズ。
紙の手触りも優しくてイメージ通りでした。

しかし問題点も少々ありまして、
まずは印刷の粒子がなんだか粗い。
表紙はとても綺麗なのですが、何故か本文の印刷が荒めで
離して見た状態でも、印刷の粒感がわかるくらい。
黒一色の部分は綺麗に塗りつぶされているので、紙質は問題なさげ。
淡い色味を出すのも苦手らしく、
薄いグラデーション部分が白飛びしてしまったりも。
濃い色味を多用するイラストだとあまり問題がないのですが、
最近の私のイラストのように、淡い色味を多く使うものとは
これが圧倒的に相性が悪い。
表紙ではこのような色飛びは全く無かったので、
本文だけの現象のようです。

そして、何故か赤みがかった印刷になっており、
色味がそのままのRGBモードで入稿できるにも関わらず、
CMYKモードで入稿しないといけないプリントパックさんよりも
色の再現率が低いと感じました。
もしもこれが無料じゃなくて正規の値段を出して作ってもらっていたら……ちょっと辛いですね。

ただ今回「試す」という意味で、昔描いたSSを手直しした
短編小説を巻末にぶっこんでみたのですが、
そちらの印刷は色とび等もなく、クッキリとした黒でいい仕上がり。

なのでピクシブファクトリーさんの「一冊オンデマンド」を使うなら、
フルカラーは避けて本文モノクロの本を作るのがいいのかなあ? という感想でした。

※あくまでも、私一人の感想です。
紙の質、入稿したデータによって印刷具合はかなり違うと思うので、
あくまで参考として読んでください。



小説サンプル
※小説の一部を抜粋。
拙い文章なので本当に一部。
これだけでも顔から火が出そうなくらい恥ずかしい。



そんな訳で、ようやく個人的イラスト本のレビューを終わります。
近くに置いて、毎日ニヤニヤしながら読むという事態になっていますが気にしない。

……ところでプリントパックさんで作ったA4本の方ですが、
どれも予備で一冊追加で付いてくるので現在A4本が
コート110kg2冊、マットコート110kg2冊、マットコート90kg2冊、マットコート90kg(64ページ版)2冊という
えげつない事に。
だれかへるぷみー。
スポンサーサイト



ランキング参加中です。お気に召したら画像をクリック!
ラグナロクオンライン・攻略ブログ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

プロフィール

ロブノール

Author:ロブノール
イラスト公開用&ROでの出来事を綴ったサイトです。
主にラグナロクオンラインとオリジナルのイラスト、マンガを掲載しています。
当ブログのイラスト・文章等、全てのコンテンツ無断転載・配布は禁止です。
リンクフリーです。ご自由にどうぞ~
:連絡先:
71momocyu.ring85☆gmail.com
↑☆を@に変えてください
またはメールフォームから。
ブログ↓にあります。
:twitter:@71momocyu
Pixivはコチラ

●ルーン関連記事にジャンプ

●私専用☆ジェネ育成指南ページ!!
(外部サイト:障子にめあり~の!じぇねじぇね道中膝栗毛☆さんのページに飛びます)

ラグナロクオンラインのSS・イラストは↓にコピーライトがあります。
©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング

ランキング参加中です
ラグナロクオンライン・攻略ブログ

ひとこと

ここ3週間ほどROできてない・・・・・・

月間アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: